ユダヤ。 ~ 作曲家バーンスタインの交響曲第1番『エレミア』♪


309.jpg

レナード・バーンスタイン作品集[8CD+1DVD BOX]
マリン・オールソップ指揮ボーンマス交響楽団、サンパウロ交響楽団他
NAXOS


┃ユダヤ人極小史。

"ユダヤ"というのは、音楽史をかじっていると頻繁に出くわすどころか、その歴史の地下水脈として流れつづけているかのような印象さえ受ける重要なテーマ。

まず、「ユダヤ人」とは何なのか。Wikipediaでは、中世までの「ユダヤ人=ユダヤ教を信仰する人々」という定義から、近代以降では「ユダヤ教徒の家系でキリスト教に改宗した人々」という定義に変化した、とある。

ユダヤ教は「古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェを神とし、選民思想や救世主信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教」であり、イエス・キリストを磔にしたのもユダヤ人とされ、迫害されてきた。

 *  *  *

ここは名場面目白押しなので、話を旧約聖書からはじめる。

むか~しむかし、アブラハムがカナンの地(現在のイスラエル、パレスチナ付近)に入植し、遊牧生活を営みヘブライ人と呼ばれた。やがてエジプトに集団移住するものの、奴隷とされる。この奴隷を率いてエジプトを脱出したのがモーセであり、名高い「出エジプト」。

カナンの地に辿りついた彼らはイスラエル人と名乗り、その後イスラエル王国の建国を成し遂げ、ダビデ王ソロモン王のもとで最盛期を迎えるも、しばらくしてイスラエル王国とユダ王国に分裂。さらにどちらもアッシリアや新バビロニアに滅ぼされてしまう。滅んだユダ王国の移民の多くは奴隷としてバビロンに囚われることとなり(バビロン捕囚)、ユダ王国の遺民の意味でユダヤ人と呼ばれた。

その後解放されてローマ帝国の属州となったのち、決定的な事件が起こる。イエス・キリストを告発し、磔にしたのがユダヤ人とされたのだ。その後反乱を鎮圧され、キリスト教が派遣を握って以後、厳しい民族的弾圧を受けることとなる。

以来ユダヤ人は2000年近く統一した民族集団を持たず、世界各地に離散してゆき、こうして「故郷なき民、さまよえるユダヤ人」のイメージが形成された。

そして、1918年にアメリカに生をうけたレナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein、1918-1990)もまた、ユダヤ人を父にもつ音楽家だった。



┃エレミアの哀歌。

311.jpg
レンブラントの「エルサレム滅亡を嘆く預言者エレミヤ」(部分)。CDジャケットにもよく使用される。


バーンスタインは自身の「ユダヤ系」というアイデンティティーを強く意識していて、まだ無名の20代前半、1939年から1942年にかけて作曲した最初の交響曲の主題にエレミアの哀歌を選んだ。

エレミアの哀歌はヘブライ聖書の中のひとつで、紀元前586年におきたエルサレムの陥落とエルサレム神殿の破壊を嘆く歌であり、預言者エレミアの作とされている。まさにユダヤの主題。

全体で24分ほどの交響曲は、悲痛な表情の第1楽章「予言」:Largamente、破壊のスケルツォである第2楽章「冒涜」:Vivace con brio、そしてメゾ・ソプラノが哀歌を―なんとわざわざ原語のヘブライ語で―歌う第3楽章「哀歌」:Lentoからなる。

音楽的なユダヤ性としては、スケルツォはヘブライの聖歌のパラフレーズで導入されること、独唱の入りのフレーズがバビロニアによるエルサレムの破壊を記念して現在でも歌われる典礼の歌からモチーフを利用していることなどがある。


  なぜ、あなたはわれわれをながく忘れ、
  われわれを久しく捨ておかれるのですか。

  主よ、あなたに帰らせてください、
  われわれは帰ります。
  われわれの日を新たにして、
  いにしえの日のようにしてください。



やがてメゾソプラノの独唱も途切れ、弦楽器を中心に希望を目指しながら、曲は静かに消えていく・・・。

バーンスタインは語っています。
わたしはこれまで書いた作品で、ずっとわれわれの時代の危機について、信仰の危機について書いてきた。たとえエレミアのような最初の作品を書いたときでも、わたしはその危機と闘っていた。


この作品は作曲コンクールには落選。しかしフリッツ・ライナーの眼にとまり、ピッツバーグで作曲者の指揮により初演され、敬虔なユダヤ教徒でバーンスタインに多大な影響を与えた父サミュエルに献呈されました。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

▼Leonard Bernstein - Symphonie n° 1 « Jeremiah »



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

作曲家レナード・バーンスタイン(1918-1990)唯一の映画音楽 『波止場』


309.jpg

レナード・バーンスタイン作品集[8CD+1DVD BOX]
マリン・オールソップ指揮ボーンマス交響楽団、サンパウロ交響楽団他
NAXOS


┃生誕100年のレナード・バーンスタイン。

今年は生誕100年ということでバーンスタイン(Leonard Bernstein、1918-1990)が話題に。

おそらく古くからのクラシック音楽ファンの人たちにとって、バーンスタインは生きたスター指揮者だったでしょう。ところが、僕がクラシック音楽に興味をもったときには、バーンスタインはとっくに鬼籍に入っていたし、何より僕は新しい録音が好き。だから多くのクラシックファンと違い、僕にとってバーンスタインは何よりもまず"20世紀を体現する偉大な作曲家"であり、そして指揮者だった。

というわけで、僕が手にしたのはバーンスタインが振ったものではなくて、彼の弟子のマリン・オールソップ(Marin Alsop, 1956-)がNAXOSに入れた、作曲家バーンスタインの作品集♪

やはり指揮者としてのバーンスタインだけを見ていては彼の大部分を見落としていると思うし、そして何より、彼の作曲した音楽はとても面白いものばかり!


┃バーンスタインを語る言葉。

バーンスタインのイメージと言えば?

 ・超ヘビースモーカー
 ・情熱的な指揮で、興に乗るとジャンプ!
 ・なによりも彼のマーラー!

などなど。でも、僕がより本質的だと思うのは、そこじゃない。

 (1)ユダヤ
 (2)20世紀の信仰とは何かを追求
 (3)知の巨人であり、人道主義者
 (4)若い音楽家にとってのブッダ
 (5)何よりシリアスな作曲家として成功を望んだ

こういったところが、芸術家バーンスタインを理解するキーワード。

(1)や(2)については、彼の音楽の根っこにある重要なキーワードで、作品にもよく現われるテーマ。(3)については彼が英語に加え、ドイツ語、フランス語、イタリア語をはじめ、おそろしいほど多くの言語を操ったことなどからもわかるし、何より彼は若い人たちに知識を分け与えることが非常に好きだったことから、証言する人はたくさんいる。

また作曲をするにも、バーンスタインはブラームスやマーラーのように避暑地で休暇をとってということはほとんどできず、常に人々に囲まれていることを望んだらしい。おかげで彼は満足に作曲する時間がとれなかった。さらに、それにはもうひとつ困った理由があって、それは彼が指揮が好だったこと。

「なぜマーラーの9番を断れるだろう?」

彼は語っています。作曲と指揮、その間で揺れる音楽家というのが、僕のバーンスタイン像。


  LB01.jpg



また、バーンスタインこそ"20世紀アメリカ"を体現しているとも思う。

人種と文化のるつぼであるアメリカで、ミュージカルからシリアスなシンフォニーまで、ときにジャズの語法までをミックスして作曲。それから「信仰の危機」という問題にも代表作の『ミサ』などで取り組んでいる。まさに時代を体現し、その問題に対峙するという姿勢が、僕にバーンスタインを偉大な芸術家であると確信させる。


┃唯一の映画音楽。

今日はオールソップのボックスから映画音楽『波止場』(Waterfront, 1954)を。

様々なジャンルに取り組んだバーンスタインだが、映画音楽はこの『波止場』一作のみ。

この映画は「ニューヨークの港を舞台に、マフィアのボスに立ち向かうある港湾労働者の姿を描いた」(Wikipedia)作品でアカデミー賞で8部門も受賞。

ところが、アカデミー賞の肝心の音楽賞はディミトリ・ティオムキン(Dimitri Tiomkin, 1895-1979)作曲の『紅の翼』が受賞した(ティオムキンはWikipediaではマックス・スタイナー、ミクロス・ロージャ、フランツ・ワックスマンなどと並ぶ映画音楽の巨匠とされている)。

受賞を逃したのが堪えたのか、シリアス音楽の作曲家として成功したかったからか、バーンスタインは映画音楽を2度と担当しなかった。

 *   *   *

音楽ははじめ、ホルン・ソロが高い音でメロディーを出し、それがフルートや弱音機つきのとローンボーンにうけつがれて静かに始まる。やがて打楽器が強烈なリズムを出すと、ジャズの楽器であるサックスがメロディーを出して高潮する(Andante~)。このあたりのリズムの愉しさはバーンスタインの音楽に共通するもの。

さらに魅力的なのはハープが導入してフルート・ソロが紡ぐ場面(More flowing)。見事に「静けさ」を音楽で描いている。その音楽もやがて、立ち上がる者の気高さを示すように、勇壮な拡がりをみせる。

最後、音楽はテーマを繰り返しながら進み、強烈な和音とともに終わる。


なかなかに印象深い作品だと思うし、これは好きだ。けれど現役盤はこのオールソップと佐渡裕のもの、そして最近BISから出たC.リンドベルイ指揮のものだけかと思われる。

バーンスタインは弟子も多いし、これからの新盤を楽しみに待ちます。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

▼バーンスタイン作曲 交響組曲『波止場』から(部分)



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

【アメリカ音楽史】(2)ピルグリムズとピューリタンズ。


┃入植。

学校でコロンブスがアメリカ大陸に到達したのは1492年だと教わった。ところがその後しばらくはアメリカへ渡るのは命がけだったため、ヨーロッパの音楽はなかなか輸出されなかったらしい。

それから月日は流れ、17世紀初頭になるとアメリカへの入植が本格化する。最初にアメリカへ渡ったのは、イギリスでの宗教的不寛容に不満を感じていた少数派、ピルグリムズと、国教会を浄化する必要を感じていたピューリタンズだった。

彼らは礼拝などで用いるため音楽を携えていった。それは絶頂期の対位法を駆使した音楽ではなく、簡素な詩編集だった。



┃イギリス音楽史を断絶させた男。

Cromwell.jpg


話はイギリスの音楽史へと寄り道。クラシック音楽ファンなら誰もが、イギリス音楽史の不思議な断絶のことを知っている。

イギリス音楽はウィリアム・バードらが活躍したルネサンス期から、ヘンリー・パーセルという天才を生んだ初期バロック期まで輝かしい黄金期を築いた。ところが、パーセル以来イギリスで傑出した作曲家は現れず、再び輝きを取り戻すのはスタンフォードパリー、さらに進んでエルガーらを輩出する19世紀末まで待たなければならない。

この断絶の要因のひとつをつくったとされるのが、歴史で習う清教徒革命を成し遂げたクロムウェル率いるピューリタンズなのだ。

クロムウェルが実権を握ると、競馬や賭博、売春などは人間を堕落させるとして禁止。それどころか演劇や音楽も堕落のもととして弾圧。なんと礼拝堂の合唱団を解散させるのではすまず、教会のオルガンを破壊することにまで至る。これがイギリス音楽史断絶の理由。なんとも やりすぎ感満載・・・。

そんな彼らには、手の込んだ音楽は宗教的目的から外れた堕落したものだったのだろう。アメリカに持ち込まれた最初の音楽は、簡素な詩編集となったわけだ。



┃エインズワース詩編集、ベイ詩編集。

はじめにアメリカに持ち込まれたのは、アムステルダムで編まれたエインズワース詩編集。これは離脱派の詩編集であり、無伴奏・無和声の厳格な詩編唱を基本としている。こういうところから、当時のアメリカへ渡った人々の思想・風俗がうかがえる。

ところがエインズワース詩編集や、それにつづくスタンホールド・エンド・ホプキンス詩編集には、英語への翻訳で意味がかなり落ちていたり、韻律が多すぎるなどの問題があったため、これらを解決すべく識者たちが集まり、新訳をほどこすとともに冊子にまとめて刊行した。それがアメリカ大陸初の出版物であるベイ詩編集である。

おそらくエインズワース詩編集にはまとまった録音はないが、ベイ詩編集にはグレッグ・スミス・シンガーズの録音がある。これはデジタル化されており、現在Amazonでも聴くことができる。基本的にユニゾンで歌われ、プリミティブながら力強い祈りの歌を聴くことができる。

グレッグ・スミス・シンガーズは2016年に他界したグレッグ・スミスによって設立された合唱団で、ウィリアム・ビリングスから現代の作曲家にいたるまで、アメリカの合唱曲に意欲的に取り組んだ団体。この録音は貴重。

 *    *    *

さて、厳格な詩編集によって音楽に親しんでいくと、やはり自由な音楽を望む機運が高まってくる。次はさらなる音楽の発展と、最初の作曲家について。


[1]【アメリカ音楽史】(1)アメリカ音楽史への道しるべ

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

▼Psalm 100 - Ainsworth Psalter


関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ぺぇたぁ

Author:ぺぇたぁ
“いつも新しい“クラシック音楽の豊かな森を探検するブログ♪埼玉在住・86年生まれの会社員が古楽から現代音楽まで、
名曲・名盤から秘曲までを楽しみます♪動画、ライヴ音源、視聴も。

ブログランキング参加中。
カレンダー(月別)
03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
おすすめネット配信♪
recommend。
タグ

オーケストラ 20世紀の音楽 ピアノ バロック 交響曲 声楽アンサンブル・合唱 近代フランス音楽 ヴァイオリン ロマン派 バッハ トランスクリプション 古典派 北欧 東欧 ロシア チェロ 教会音楽 ピリオド楽器 モーツァルト 管楽器 ベートーヴェン 弦楽四重奏 バレエ クリスマス フランス・バロック シューベルト 国民楽派 マーラー 新古典主義 近代イギリス音楽 歌曲 ギター バロックオペラ クラリネット リュート 初期バロック歌曲 レクイエム 現代音楽 オペラ ドビュッシー 邦人音楽家 ルネサンス・ポリフォニー 4手・連弾&2台ピアノ フルート トラッド/フォーク ブリテン ブルックナー チェンバロ/クラヴサン/ハープシコード リコーダー オーケストラ歌曲 ヴィオラ オルガン 新ウィーン楽派 イギリスの音楽 アメリカの音楽 前古典派 ガンバ/ヴィオール 復活祭 パーカッション 中世の音楽 ラテン系 ピアノ・トリオ カウンターテナー/カストラート アコーディオン ラテン 劇音楽 弦楽合奏 クロスオーバー ハープ ジャズ トランペット 音楽史 映画音楽 交響詩 トロンボーン 

検索フォーム