佐藤俊介率いるオランダ・バッハ協会の前衛的な四季。


sSato.jpg



┃日本人音楽家が世界の先頭を走る


ほんとうに、世界の古楽シーンにおける日本人の活躍というのは目覚ましいものがある。しかも、それが長年にわたって続いていることはほんとうにうれしい限り。

最近の注目株と言えば、はやりヴァイオリンの佐藤俊介(Shunsuke Sato, 1984-)氏でしょう!

ジュリアード音楽院・プレカレッジでドロシー・ディレイ&川崎雅夫、カーティス音楽院でハイメ・ラレド、パリ地方音楽院でジェラール・プーレという錚々たる人たちに学んだ後、古楽奏法へ傾倒しミュンヘン音楽・演劇大学のメアリー・ウティガーのもとで研鑽を積んだ佐藤氏は、2010年ヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクールで第2位と聴衆賞を獲得して活躍の場を拡げて行きます。

そして現在、コンチェルト・ケルンとオランダ・バッハ協会というヨーロッパでも指折りの2つの古楽アンサンブルのコンサートマスターを務めるという八面六臂の活躍を見せてくれています。


┃10年がかりの"All of Bach"と「四季」

そしてこれは最近知ったのですが、オランダ・バッハ協会は2021年の創立100周年にむけて、バッハの全作品を演奏するという10年がかりのプロジェクトに挑んでいるのですが、なんとこれをYouTubeになかなかの量をアップしてくれているのです!

そんなYouTubeも充実するオランダ・バッハ教会。

先日アップされたのは佐藤俊介がソロを弾くヴィヴァルディの四季の動画。これがまた非常に素晴らしい。


▼Zomer - De Vier Jaargetijden, Antonio Vivaldi



どうですか。この「音」に対する鋭敏な感覚はもはやモダンとかピリオドとかを通り越して、まさに今現在生まれる芸術。まさに再現芸術の極致ともいえるような演奏。

モダンとピリオドをどちらも自在にこなす佐藤氏のヴァイオリンに、21世紀の音楽家の姿を見た気がします♪


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぺぇたぁ

Author:ぺぇたぁ
“いつも新しい“クラシック音楽の豊かな森を探検するブログ♪埼玉在住・86年生まれの会社員が古楽から現代音楽まで、
名曲・名盤から秘曲までを楽しみます♪動画、ライヴ音源、視聴も。

ブログランキング参加中。
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
おすすめネット配信♪
最新コメント
来い来いカウンター
recommend。
タグ

オーケストラ 20世紀の音楽 ピアノ バロック 交響曲 声楽アンサンブル・合唱 近代フランス音楽 ヴァイオリン ロマン派 バッハ 古典派 北欧 トランスクリプション 東欧 ロシア チェロ 教会音楽 ピリオド楽器 モーツァルト ベートーヴェン 弦楽四重奏 バレエ 管楽器 クリスマス シューベルト フランス・バロック 国民楽派 マーラー 新古典主義 バロックオペラ ギター 初期バロック歌曲 リュート 歌曲 レクイエム 近代イギリス音楽 オペラ 現代音楽 ドビュッシー 邦人音楽家 ルネサンス・ポリフォニー 4手・連弾&2台ピアノ クラリネット ブリテン ブルックナー トラッド/フォーク オルガン フルート ヴィオラ オーケストラ歌曲 チェンバロ/クラヴサン/ハープシコード 新ウィーン楽派 リコーダー イギリスの音楽 ラテン系 パーカッション 前古典派 ガンバ/ヴィオール 復活祭 アメリカの音楽 中世の音楽 ピアノ・トリオ カウンターテナー/カストラート ラテン アコーディオン 弦楽合奏 劇音楽 ハープ ジャズ クロスオーバー トランペット トロンボーン 交響詩 

検索フォーム